株式会社アットオフィス 後編
〜通学型チームビルディングアカデミーの成果〜

他の企業からの受講者は、絶対に増えてほしいです。
「人が変われば、内容が変わる」という期待を込めて。
優秀な人が、いつも評価されているだけでは、
つまらないですしね。

株式会社アットオフィス

TBAを導入いただくとき、御社の背景や当時の組織課題を
踏まえたうえで、何を期待されていましたか?

外の世界に触れさせたかったんです。「外にもっと優秀な人はいるよ」、「もっと外には違った捉え方をしている会社もあるよ」っていうのを知る方法として。
合宿研修を全員受けて、働くことや一生懸命やることというのは共有できたのは間違いなかったんですが、それだけで満足しているなと、感じたからですね。

TBAを導入いただいて、効果として見えるものはありましたか?

色々な人や課題を見られたので、今までの「なんかやったよね」っていう、自己満足で終わらなくなったという意味では、よかったなって思いますね。
また逆に彼らに色が出てきて、研修に対しての意見を言うようになってきた。成長が止まらなくなったという意味で変化もあったように思います。

実際に受けている社員さんの変化というのは、
受け始めた当初から今現在だと、何か変化はありますか?

1年目はだいたい行かされてる感でしたが、今はほとんどが「行けない方が嫌だ」と言っています。
毎月私も彼らのコメントを聞いてフィードバックを受けています。最初は不満を言ってしまう社員もいましたが、そこでもう一回マインドを修正して、次の時に「もっとこうしたらこの研修いいと思ったんで、こう発言してみました」という変化が出てきていますし、彼らなりに、後輩にも研修行かせよう、という雰囲気になっているので、いい現状だと思います。
本社は合宿からの流れが1年空いてしまっているので、今は彼らの研修のモチベーションとか学びをどこに持っていくか、どう習慣化していくかというのを模索している最中です。

TBAのフィードバックの内容についてお聞かせください。

まず、率直に、フィードバックをここまで作るのは大変だなと思いました。
ただ、私はそれを彼らに見せるのはやめました。今の現状が自分の評価と取られるのは嫌だなと思って。それを敢えて見せずに、コメントを利用しながら、何となく課題について触れてみる。頑張るモチベーションを維持するためにも、そういう活用をしています。

TBAは、他の企業様にもお薦めできそうですか?

はい、他の企業からの受講者は、絶対に増えてほしいです。講座が同じでも、「人が変われば、内容が変わる」という期待の意味を込めて。
優秀な人が、いつも評価されているだけでは、つまらないですしね

お薦めできるポイントは何かありますか?

社内にはない学びがそこにあることだと思います。社内の雰囲気や自分のポジション意識を覆せる環境がありますよね。
それに、空気を読まずにさまざまなことを言ってくれる人がいるので、数字以外の評価を得られるという点もお薦めします。

最後に、TBAにこれからどういった効果が期待できそうですか?

研修を受けた社員たちが、それを活かした研修を社内でできるんじゃないかなという期待があります。
講師のセリフや、あの時学んだ体系やダメな人のパターンとかを、自分がまず仕事の中で活かして、やってみる人が出てくれることを信じて今やっています。

SPEAKER

株式会社アットオフィス
常務取締役 増田様
アットオフィス 増田様

株式会社アットオフィス様

事業内容 賃貸オフィス仲介
貸会議室
月極駐車場仲介
導入時期 2014年10月~
選定理由 合宿後のフォロー体制を整えるため
課題 社員の自律、当時者意識の向上
学習効果の測定
効果 社内でのコミュニケーションの活性化
管理職・管理職候補の育成
社内での共通言語化

チームビルディングアカデミー | 合宿研修を軸とした実践型営業研修